共同エディット フジサンケイグループ

ポストプロダクションの共同エディット

編集

編集

技術部 専任副部長 飯田有司

共同エディットの編集は「つなぐ」ことを大切にしています。それは、映像技術が進歩した今だからこそ、ただ単に映像を「つなぐ」だけでなく、その作品に係わるさまざまな人たちの想いを「つなぐ」こ とが編集の意味だと考えているからです。そして作品に新たな命を吹き込み、観ている方々にもその思 いを「つなぐ」ことが出来ればと思っています。
編集に正解は有りません。一人一人のエディターの好奇心と個性が発揮された時、無限の可能性が広がってより良い作品が生まれると考えます。
ニュース、バラエティ、スポーツ、ドラマ、情報、ドキュメンタリーなど多岐にわたるジャンルの番組を扱う当社のノウハウを活かして、つなぎは勿論、最新の編集技術を駆使した映像加工、合成、テロッ プの多様なデザイニングを、ニーズに合わせてご提供します。
また、テレビ媒体だけでなく、プレスリリース、カンパニープロフィール、Web 向け動画、企業向けVPなどのソフト媒体制作のお手伝いも積極的に行っています。

使用機材リスト

編集 作業風景

スタッフの声

櫛引芽寿美 コミュニケーションを大切に。
チームで作り上げる達成感は大きい!

櫛引 芽寿美(技術部編集①) 2013年入社
私は現在、編集アシスタント業務を担当しつつ、メインエディターになるため、日々勉強をしています。
テレビ番組の編集というと、「たくさんの機械に囲まれて難しそう」「覚えられない」というイメージが湧くかもしれませんが、そんなに不安に思うことはありません。
もちろん機械の使い方を覚える必要はありますが、最も大切なことは『コミュニケーション力』だと、私は思います。 ひとつのもの・番組を作り上げるということは、たくさんの意見を交わしてどんどん向上させていくことです。そこでは、制作さんなどを含めたチームでのコミュニケーションが大切になってきます。
私たちはエディター・アシスタントとして、どんな画のつなぎがいいのか、どんなエフェクトがいいのか、どんな色のテロップが合うのか、といった様々な発想・技術の提供が求められます。そして、チームの意思が合致したときに良いものができます。
そんな風に作り上げたものが電波に乗って多くの人の目に触れるということは、緊張感がありながらも達成感が大きく、すごく素敵な仕事だと思います。

編集の採用情報はこちら

  • 番組編集
  • 編集アシスタント
  • 業務案内 MENU
    ページのトップへ戻る